これから話す事は自分自身の想い出だ。
ぼくは今同棲やる彼が居ます。 彼とのコンタクトはハイスクール時期。初めて出会ったのは他校との合体コンサートだった。
ハイスクール時期ぼくは軽音楽部に入っていた。 彼とぼくは別のハイスクールだった。他校との合体コンサート、ちっちゃなカラダに真っ黒のギターを持って透き通る音で歌う見てくれを今でも忘れられない。
最初は臨時意識せず彼を含めた男女2対2の集まりで我らは手続きを深めた。 
その時ぼくは彼では無いもう独自のお嬢さんと付き合った。まさかあの時は後々彼と付き合う事になるなんて考えもしなかった。
そしたら時はたち、その同士とも分かれ別々の生活を送っていた。
時は巡り3時世。 ミュージックのルートを選んだぼくのコンサートに3時世ぶりに彼が現れた。
幼かった個性からは考えられない程好みの女性になっていた。でも可愛い個性は貫く。一瞬で虜にされてしまった。
そしたらぼくの彼へのアタックが始まった。データ2回告白して付き合ってもらった。当時ぼくはミュージック、彼は服飾の授業に通っていた。
20年と幼子と大人のはざまの我らは3時世以後23年で同棲を始めた。今では欲しい付き。 こうしたぼくをいつも笑顔で支えてくれる。
綺麗な音で横で口ずさむ歌がとても心地よくどういうミュージックよりも好きです。
そういう彼にぼくは前月プロポーズをした。振り返ればあのときの損傷は考え違いでは無かった。天命はあると思った。エイベックストラックス株を購入するときの証券会社はSBI証券 → xn--n8jvkla3a2c2czi2526bxuepx0i.com